備忘録的プログラミングリファレンス

web ページのリロード reload()

 web ページのリロード の方法の説明です。ページのリロードには、Loaction.reload() メソッドを使用します。Loaction.reload() メソッドは、JavaScript から任意にページを再読込するためのメソッドです。

web ページのリロード
location.reload();

 上記の例は、現在表示中のページを再読込します。window.location.reload() と記述することもできます。

 webページのリロードは、ドキュメントの URL を示す location からページを再読込する形を取ります。

ページ内 Index

親 Window のドキュメントのリロード

 ここでは特に、親 Window のドキュメントのリロードの方法の説明します。

 親 Window とは、ある ドキュメントから別の Window を開いた場合や、<iframe> をもつ ドキュメントの Window といった、別ページを開いた場合の元になった Window のことです。
 web ページであるドキュメントではなく Window のことであることに注意してください。

 親 Window をリロードする方法には以下があります。

① 別 Window を開いた親ドキュメントのリロード
Window.opener.location.reload();
② <ifame> の親ドキュメントのリロード
Window.parent.location.reload();
③ <ifame> の親ドキュメントのリロード
parent.document.location.reload();

 ①は、別 Window を開いた場合の元になったドキュメントのリロードです。
 ②は、<ifame> のあるドキュメントのドキュメントのリロードです。
 ③は、Document オブジェクトを利用した <ifame> のあるドキュメントのリロードです。

 Window については、Window インターフェイスを参照してください。

 関連する Window オブジェクトを取得するプロパティや Window を開く/閉じるといったメソッドについては以下を参照して下さい。

Window を開く、閉じるメソッド

 window を開く/閉じるといったメソッドには以下があります。

close()
Window を閉じる
open()
新規に Window を開く

 開いたページ内容を書き換えるには、 Document.write() メソッドを使います。

Window を閉じる
var new_window = window.close();

 子 Window を閉じるときはその Window オブジェクトを明示した方がよいようです。

関連 Location メソッド

 reload() メソッドに関連する Location インターフェイスのメソッドには以下があります。

メソッド名説明
assign()引数に指定したURLへ移動。Historyに記録されて、戻ることができる。戻れないようにするには、replace()メソッドを使う。
reload()現在のURLの再読込を実行。引数を指定しないまたはfalseでキャッシュから読み込み。trueでサーバーから読み込み。
replace()引数に指定したURLへ移動。このメソッドを利用するとHistoryに記録されないために戻ることができない。戻るようにするには、assign() メソッドを使う
toString()URL全体の情報を取得。値の変更にはHTMLHyperlinkElementUtils.hrefを使います。