備忘録的プログラミングリファレンス

<iframe> エレメント

 <iframe> エレメントは、フローコンテンツ, 記述コンテンツ, 埋め込みコンテンツ, 対話型コンテンツ, 知覚可能コンテンツに利用します。ページ内に別のページを表示することができます。

 終了タグを用いないと正しく表示されないことがあります。終了タグ</iframe>を使うようにしましょう。

<iframe>の設定
<iframe name="example" src="test.html"></iframe>
詳しくは 動作の確認 を参照してください

 name 属性を設定するように推奨されています。他のエレメントから <iframe> エレメントを指定する際に利用します。
 以下は、<iframe> が指定できるエレメントとその属性の一覧です。

属性

グローバル属性も持ちます。以下に主な属性のみを示します。

AttributeValueExtra information
name*必須。iframeタグエレメントを特定。
idエレメントをユニークに。cssにも利用できる。
classCSSに利用。同名のclassは同じスタイルが適応される。
src参照元のURL。

動作の確認


その他

JavaScript

 非同期で別のページが表示できるので、スクリプトで簡易操作する場合などに用いられるのを見かけます。

 <iframe>エレメントは HTMLIFrameElement インターフェイスによるオブジェクトです。JavaScript を利用する場合はこのインターフェイスも参照した方がよいでしょう。

xsltでの書き方

 xsltファイルにiframeを利用した別ページの読み込みです。メインページのidを元にその一覧を表示する記述例です。

xsltでの別ページの一覧を読み込み
<xsl:element name='iframe'>
	<xsl:attribute name='name'>list</xsl:attribute>
	<xsl:attribute name='class'>iframe_lists</xsl:attribute>
	<xsl:attribute name='src'>../main_data/?cmmd=select&where=main_data_id='<xsl:value-of select='id' />'</xsl:attribute>
</xsl:element>