備忘録的プログラミングリファレンス

<a>エレメント

 <a>エレメントは、ハイパーリンク(リンク)が作成できます。リンクを辿ることで他のページやページ内の任意の箇所に移動できます。

リンク
<a href="/example_page.html">他のページにリンク</a>
詳しくは 動作の確認 を参照してください

 リンク先にメールアドレスを設定するとメール送信を、ファイルを設定するとダウンロードを行います。
 URLには、絶対指定と相対指定が使えます。
 「#」をつけるとページ内移動です。「#」の移動先のエレメントにid属性を設定しておきます。

 JavaScript で遷移を無効にすることや遷移を替えることもできます。無効にするには、"javascript:void(0)" です。

属性

グローバル属性も持ちます。以下に主な属性のみを示します。

AttributeValueExtra information
idcssにも使えます。エレメントをユニークとします。
classcssに使います。同名のclassは同じスタイルが適応されます。
href移動先のURLです。
target

 target 属性はリンク先を表示する Window または <iframe> を指定します。 Window または <iframe> に name 属性の設定がある場合は、その名称で指定できます。

動作の確認

 以下に入力するテキストに上記の属性の値から<a>エレメントを作成します。

ハイパーリンクを設けるオブジェクト(文字列など)


その他

CSS、styleについて

 <a>エレメント、リンクテキスト特有の下線の消し方や色、カーソルがのったとき、訪問済みリンクの装飾をCSS、styleで変更することができます。

<a>エレメントのCSS、styleについて

JavaScript

JavaScript で<a> エレメンを利用する場合は、 HTMLAnchorElement インターフェイスも参照するとよいでしょう。

遷移を無効に

 JavaScript で遷移を無効にすることができます。

遷移を無効に
<a href="javascript:void(0);">このリンクは遷移が無効になります。<a>

JavaScript コード中から遷移

 JavaScript によるURLの遷移は、Window オブジェクトのプロパティまたはメソッドを利用します。

 .location プロパティによる移動は href に値を指定することでその URL に遷移します。

コード中から遷移
window.location.href = 'URL';

 open() メソッドで開くウィンドウを指定して URL に遷移をすることもできます。

開くウィンドウを指定して遷移
window.open('URL', '_blank');