備忘録的プログラミングリファレンス

<main>エレメント

ブロック要素

 <main>エレメントは、実際にwebページとして表示される主な内容を包括するタグエレメントです。 ページ内に含めておきたいことや網羅したい内容などのサブコンテンツは<aside>エレメントに入れます。 h1タグは、この<main>に入れた方がよいようです。

 ページ内容は<main>エレメントに入れ、サイト全体で統一したヘッダーとフッターには、<header>エレメント<footer>エレメントを使います。

 以下は、<header><nav>、<main>、<footer>を使った簡単な例です。

<header>例

 ページ内に含めておきたいことや網羅したい内容などのサブコンテンツは<aside>エレメントに入れます。こちらもwebページとして表示されます。

 1ページに一つが基本です。<article>エレメントを使う場合は複数あるかもしれません。

属性(Attributes)

 主な属性のみを示します。

AttributeValueExtra information
classcssに使います。同名のclassは同じスタイルが適応されます。

タグの編集

Web API(DOM)

 Web API(DOM)で関連するインターフェイスには以下があります。

  • HTMLElement