備忘録的プログラミングリファレンス

seeked(onseeked)イベント

HTMLAudioElement.onseeked
HTMLVideoElement.onseeked

 seeked(onseeked)イベントは、<audio> ,<video> メディアにおいて再生位置を変更するまたはスキップするたびに発生するイベントです。イベントの発生するタイミングは再生位置が決まった後です。

seeked イベントの定義
document.querySelector("video#exmpl_video").onseeked = function(){
	console.log( event );
};
詳しくは Example を参照してください

 GlobalEventHandlers ミックスインにこのイベントが定義されていますが、主に <audio><video> エレメントに利用されるイベントハンドラーです。
 <audio> ,<video> のプロパティ、メソッド、イベントについては HTMLAudioElementHTMLVideoElement を参照してください。

 似たものonseekingイベントがあります。

 currentTimeプロパティによって現在の再生位置を取得することができます。

 <audio>,<video>によるロードプロセスをフォローするイベントには以下があります。

イベントタイプ名条件
oncanplay<audio>または<video>メディアの再生が可能になったら
oncanplaythroughバッファリングを停止することなく再生できる
ondurationchangeメディアの再生時間が変更されたら
onloadedmetadataメディアのmetaデータが読み込まれたら
onloadeddata次のフレームが再生できなければ
onloadstartメディアデータのダウンロードプロセスが始まったら
onpauseメディアの再生を一時停止
onplay再生される、または一時停止から再開すると
onplaying一時停止または停止した後に再生を再開すると
onprogressメディアのダウンロード中に
onratechange再生速度が変更されたら
onseeked再生位置を変更するまたはスキップし再生が始まったら
onseeking再生位置を変更またはスキップ操作直後

構文(Syntax)

in HTML

<tagelement onseeked="function()">

in JavaScript

object.onseeked = function(){ };

object.addEventListener("seeked", script_);

備考(Remarks)

BubblesNo
CancelableNo
InterfaceEvent
Supported HTML Elements<audio>,<video>

Example

 onseeked の例です。イベントについては開発用コンソールに表示されます。