備忘録的プログラミングリファレンス

ブロックレベル要素とインライン要素

 HTMLのタグエレメントには、ブロックレベル要素とインライン要素という性質が与えられていました。
 ブロックレベル要素には前後で改行が含まれます。ブロックレベル要素は強制的に1つの段落、ブロックとして表示されます。
 ブロックレベル要素は <div> や <p> などです。インライン要素は <span> や <q> などです。

 ブロックレベル要素にはブロックレベル要素とインライン要素を含むことができます。一方、インライン要素にはインライン要素のみを含むことができますがブロックレベル要素を含むことができません。
 ブロックレベル要素には <body> タグエレメント以下を包括することができます。

ブロックレベル要素とインライン要素
<div>
			<p><q>ブロックレベル<span>要素</span></q>と<q>インライン<span>要素</span></q>の違いについて書いています。</p>
			<p>この例では<q>ブロックレベル<span>要素</span></q>の中には、ブロックレベル要素とインライン要素を含むことができます。</p>
			<p>インライン要素にはインライン要素のみを含むことができます。</p>
	</div>
上記の表示

ブロックレベル要素インライン要素の違いについて書いています。

この例ではブロックレベル要素の中には、ブロックレベル要素とインライン要素を含むことができます。

インライン要素にはインライン要素のみを含むことができます。

 ブロックレベル要素とインライン要素の違いは、cssやjavascriptにおける開発で大きな意味を持ちます。この違いが理解出来ている必要があります。

HTML5からの変更

 HTML5からブロックレベル要素とインライン要素は、より複雑なコンテンツカテゴリに置き換えられました。
 ブロックレベル要素とインライン要素は、コンテンツカテゴリ以下のレイアウトを形成するフローコンテンツの要素として残っています。他にも対話型コンテンツの要素として残っています。